陶芸作家「関谷興仁」の世界 ~明日のための記憶と祈り~

関谷興仁の作品創造とその精神を描いたヴィデオが youtube にアップされました。
5分短縮版ですので、ぜひご視聴ください。
「朝露館(ちょうろかん)」、「関谷興仁(せきやこうじん)」や「悼(とう)」でも検索できます。
 
 
このヴィデオのナレーションとコメントをまず日本語で、それを英語に訳したものを以下に貼り付けます。

 

 

刻まれゆく想い〜悲劇の犠牲者へ〜  

 

・オープニンナレーション

                                

死者を悼む                                                   

確かに記憶する                                                       

硬く重い雰囲気が焼き物から漂う                        

そこには様々な文字が刻まれている                                

誰がどんな目的でこの作品を作ったのだろうか  

これらの作品を作り続ける陶芸作家に、               

この夏(2015年夏)私たちは出会った

                      

  

・ナレーション 1

                      

栃木県益子に窯を設け、

言葉を土に刻み続けてきた陶芸家、関谷興仁さん        

戦争が終わって現在まで希望を探し続けてきた  

今の危うい平和の中で遠い過去の不条理な死を想った   

      

・インタビュー 1

            

こういうこと(戦争)は僕らの中では、               

記憶にあっても良い記憶ではないですよね        

どうしてもこういうこと(戦争)をないことに         

するのは変かもしれないけど                    

封印しておきたいと日常的にそう思うわけですね

そういうこと(戦争)は封印してしまうと、        

やっぱりどんどん小さくなってしまう            

最後には無くなってしまうかもしれない          

(戦争の)記憶を維持していきたい、            

そう思うので伝えていく                    

                  

戦争は日常的に起こることではないんだけど、         

起こったら大変なことになるわけですよ          

かつて戦争中で色々なことがあったと、          

それを一生懸命ないことにしようとしているでしょ  

                          

伝わらないように伝わらないようにしているわけですよね

教科書からもどんどん削除されている           

                  

そういう意味では過ちを、きちんと伝えることによって 

その過ちを繰り返さないっていうかな             

伝えることによって戦争を繰り返さないようにしたい

           

・ナレーション 2

 

戦争、それはどちらが勝利したとか、                   

何人死んだとかで語られることが多い                   

しかし実際には、一人一人名前のある人が命を落としていた

名前がないのではなく                      

名前を奪われ、忘れられただけなのだ      

だから関谷さんは自分の人生の時間をかけ、      

あえて『不明』の作品を作ったのだ

            

・インタビュー 2

                

本当に名前さえ分からないままに葬られる        

例えば 731部隊のね、『不明』の犠牲者がいるわけですよ

あるいは強制連行されて慰安婦にされた『不明』の  

16歳、17歳の娘さんがいるわけだからね        

それが自分の妹だったりしたらどう思うか、        

もしそれが自分だったらどうだろう            

そういう意味でやっぱり                  

まあこう話していてもだんだん辛くなってくる    

                  

これには本当に一つ一つの人生があって、        

苦しかったり、悲しかったり、                

最後は本当に生きたりないで亡くなってしまった    

それだけ考えても大変なことだろうと思う        

死んでしまった人間にとってその証拠というのは    

人間の場合は名前しか残らない

                         

・ナレーション 3

                         

展示の最後に、ひび割れた『希望』の文字があった

  

・インタビュー 3

                          

僕はやっぱり『希望』はないと思っていた        

でも『希望』なしには生きていられないだろう      

せめてどこかに言葉だけでもいいから          

それで割ってしまったやつを寄せ集めてね、          

ここに並べたわけです

                           

・ナレーション 4

            

何を想い、何に怒って死んでいったのか

彼らの想いを伝える言葉を、そして詩を土に刻む

 

 

 

Thoughts carved on ceramic plates

~To the Victims of Tragedy ~

 

Mourning the dead, remembering all,

the somber, heavy atmosphere rises from these plates.

Each carries a carved inscription.

Who made this pottery? And why?

We met the potter in the summer of 2015.

And he’s still making them.

  

Narration 1

Kojin Sekiya has a pottery kiln in Mashiko, Tochigi Prefecture

He is the one carving words into clay.

He’s been seeking hope ever since the war.

In our fragile peace, he recalls the absurd deaths of the past

 

Interview 1

When we remember war,

it should never be a good memory.

Though we want to seal those memories off,

its wrong to pretend there was no war,

If we seal it off, it shrinks smaller and smaller.

It might eventually disappear altogether.

I want to keep this memory alive,

so I keep passing it on.

War doesnt happen every day,

but when it does, it’s a complete disaster.

During war, the truth is so horrible,

Some people do their best to pretend it isn’t happening.  

Over and over they keep war stories from spreading.

So they've deleted them from the school textbooks.

From that point of view, handing down the truth

might keep us from making those mistakes again.

I am trying to prevent war by keeping it in memory.

 

Narration 2

People always talk about war in terms of

who won or how many people died.

But each person who loses his or her life has a name.

                       It isn’t that they didn’t have names.

                       Their names were stolen, passed out of our memory.

Therefore Mr. STherefore, Mr.Sekiya dares to label his pieces unknown

and has spent a lifetime doing so. 

 

Interview 2

People are buried in graves without names.

There are, for example,unknown victims of Unit 731.

There were as well unknown young girls taken at 16 or 17

to be comfort women.

How would you feel if she were your sister?

What if she were you?  

In that sense, well…

Even talking about this, right now, I gradually feel more pain

They all had a life, painful or sad.

In the end, they died wanting to live longer.

It’s so hard even to think about this.

For the dead, the only evidence of their lives is their names.

                         

Narration 3

The exhibition ends with the cracked word “hope.

 

Interview3

At one point I really thought there was no hope.

But we can’t live without hope.

That word needs to be here somewhere  

so I collected and placed here the pieces Id had cracked.

 

Narration 4

What did they think? How angry were they when they died?

Kojin Sekiya carves poetry, words that convey their thoughts,

into the earth.

   

朝露館(ちょうろかん)は、栃木県益子陶芸村の中心から徒歩10分程にある陶板彫刻美術館。田や畑、雑木林に囲まれた静かなたたずまいの中にあります。また、濱田庄司の窯がある益子参考館からも近く、陶芸に関心のある多くのお客様に来館していただき、関谷 興仁(せきや こうじん)の世界を見て、そして感じて、戦争と平和、命について考えてみてはいかがでしょうか。

朝露館開館にあたり

朝露館開館にあたり

この地に陶芸家関谷興仁が窯を設けてから27年の歳月がたちます。案内板を左折、未舗装の坂を下り100mほど入ると朝露館があります。敷地300坪には工房と居宅、その向かい側にある2階建てのギャラリーで、その延べ面積は約90坪になります。

館内を「散策」して自由に作品をご鑑賞ください。

朝露館の作品コンセプトについて

館内散策のご案内

  • チェルノブイリ原発事故・朝鮮統一運動の悲劇・企画展示
  • 太平洋戦争関連・中国人強制連行・第二次世界大戦

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子4117-3 TEL:0285-72-3899