陶芸作家「関谷興仁」の世界 ~明日のための記憶と祈り~

朝露館(ちょうろかん)は、栃木県益子陶芸村の中心から徒歩10分程にある陶板彫刻美術館。田や畑、雑木林に囲まれた静かなたたずまいの中にあります。また、濱田庄司の窯がある益子参考館からも近く、陶芸に関心のある多くのお客様に来館していただき、関谷 興仁(せきや こうじん)の世界を見て、そして感じて、戦争と平和、命について考えてみてはいかがでしょうか。

朝露館開館にあたり

朝露館開館にあたり

この地に陶芸家関谷興仁が窯を設けてから27年の歳月がたちます。案内板を左折、未舗装の坂を下り100mほど入ると朝露館があります。敷地300坪には工房と居宅、その向かい側にある2階建てのギャラリーで、その延べ面積は約90坪になります。

館内を「散策」して自由に作品をご鑑賞ください。

朝露館の作品コンセプトについて

館内散策のご案内

  • チェルノブイリ原発事故・朝鮮統一運動の悲劇・企画展示
  • 太平洋戦争関連・中国人強制連行・第二次世界大戦

〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町益子4117-3 TEL:0285-72-3899